禁煙成功への道

煙草はなかなか止めることができませんね。では何故あなたは煙草が手放せないのでしょうか。ヘビースモーカーだった方が煙草を止められた秘訣を元に禁煙成功への道を辿ってみようと思います。

禁煙に必要な心構え

禁煙を行うには、心構えが大切になります。禁煙の方法は様々にあり道具や薬も豊富にありますが、心構えができていないと失敗しがちです。また、成功できても、それほど間を置かない内に喫煙を再開してしまうでしょう。ただ、心構えと言っても特別な事はありません。「必ず成功させる」等と意気込むのは、一見、意志が強固に見えますが、意外と長続きしないものです。大切なのは、心構えが自然に生じて長続きする流れを作る事にあります。

心構えを作るには、まず、疑問を持つのが大事です。どうして自分はタバコを吸うのかと考え直すのは、シンプルながら有効な手段になります。特に、何の目的もなく何となく喫煙をしてしまう方にとって、目的意識を明確にするのは大切なプロセスです。

例えば、喫煙を始める前に「考え事をする時だけ吸おう」と目的を決めてあった方や、「落ち着きたいと思った時に吸うようにする」と使い方を定めておいた方は、比較的簡単に喫煙を止められます。目的が無くなれば、タバコを吸う必要性も薄れるからです。こうした方は喫煙を止める時に心構えが自然とできやすく、喫煙の癖もつきにくいものです。上手く自分をコントロールしていると言えるでしょう。

つまり、禁煙ができる人とできない人の間には、意志の強弱はあまり関係ありません。心構えを作る準備が上手く、意志を長続きさせるコツを自然と掴んでいるのが、できる人なのです。ある日決心を固めて止めようとするよりも、止める準備を整える方が簡単で、楽に取り組めます。こうした上手い方法を取り入れれば、どなたでもタバコを止める難易度を下げられるでしょう。

何となく喫煙を続けている方は、喫煙という行為に疑問を持つ事から始めましょう。この時、どうして吸ってはいけないのかや、吸いたくない理由は何なのか等、色々と難しく考えなくても構いません。ただ単純に、どうして吸うのか、吸おうとしているのかを思い直すだけで良いのです。何となく喫煙している方ほど、喫煙に大した理由が無い現実に気が付きやすいでしょう。1度気が付けば、心構えは後から自然と身についていきます。

禁煙の上手い方、すっぱりと止められる方には、ちょっとしたコツを自然と行っているものです。自分は意志が弱くて心構えもできないと諦めず、上手にタバコを止められる方のやり方を使ってみましょう。難しいと思われがちな禁煙ですが、やり方を変えると案外スムーズに成功できるものです。